Using Aurora HDR 2018 with Apple Aperture

Working with Aurora HDR 2018 through Aperture is very similar to the way it behaves with Lightroom. To exchange a file from Aperture to Aurora HDR 2018, follow these steps:

  1. Make sure Apple Aperture is open.
  2. Choose your image(s) in Aperture from the Library that you want to work on with Aurora HDR 2018.
  3. Choose Photos > Edit with Plug-in > Aurora HDR 2018… or right-click on the Image and select Edit with Plug-in > Aurora HDR 2018.…
  4. A new dialog appears to indicate that Aurora HDR 2018 is running.
  5. Check the Tone Mapping box if you want to take advantage of Aurora HDR 2018’s tone mapping features.
  6. Click the Create HDR button to process the image in Aurora HDR 2018.
  7. Make any edits or adjustments as needed in Aurora HDR 2018.  You can use presets to speed up your editing workflow.
  8. When done, click the Apply button to send the adjusted image back to Aperture. A new file is added to your Library and stacked with the original in your Library.
  9. When done, click the Apply button to send the adjusted image back to your Aperture library.

スペシャルオファー - まもなく終了!

さらに130ドル相当の特典

「リアルな
HDR写真のつくり方」電子書籍。 プレビュー。

トレイ・ラトクリフによる Aurora HDR 2018紹介ビデオ

ウィンターファン
プリセットパック。 プレビュー。

ドリーミーワンダーランド
プリセットパック。 プレビュー。

$99 $79 +特典

Aurora HDRユーザーですか? こちらからアップグレード

Aurora HDRを 14日間無料で使用。

成功

受信箱をご確認ください。
メールでコピーを送信しました。

申し訳ありません

すでに登録されているようです

申し訳ありません

残念です。 先ほどMacphunのメールを購読解除ubscribed したようです。 こちらから再講読してください。

Please wait