HDR チュートリアル - レッスン 6 - 完璧なロケーション
7310 Miramar Road, Suite 410 92126 San Diego, CA

レッスン6 完璧なロケーション

このレッスンでは、HDR撮影のための完璧なライティング設定とロケーションの認知の仕方を教えていきます。

おかえりなさい!

前の投稿やレッスンでもすでに議論した通り、HDR撮影はハイコントラストのライティング設定の中で見栄えのいい画像が撮影できるようにできています。それでは、完璧なハイコントラストのライティング設定とはどんな例があるのでしょうか?少しですがこちらをご覧ください。これらのそれぞれの設定に対しての考えに少し深く突っ込んでいきましょう、そしてその中でベストな写真を確実に捕らえられるようにコツを紹介していきます。

風景

素敵な風景の写真を嫌う人はいません。もし1000人にどんな写真が見たいかと尋ねたら、その大半は「風景」と答えるでしょう(そしてまた大半の写真家も風景の写真を撮りたい、と答えるはずです。)わたしたちを惹きつける美しい自然の魅力があるのでしょう。ラッキーなことに、それらはHDR撮影で捕らえるにはぴったりでもあるんです。

なぜでしょう?前のレッスンでもお話ししたように、だいたい空と地面の間には光の程度で大きな違いがあり、このコントラストがHDRで作用してきます。残念ながらカメラではシングルショットでこの光のすべての範囲を捕らえることができないので、ブラケットを撮り、HDRと合成させ、そうすることで写真があたかもあなたの目で見たように見えるのです。さらに注意しておきたいのは風景を撮るのに1日の中でベストな時間は1日の終わりの柔らかな光の中であるということ。日の出に続く早朝(日の出から通してゴールデンアワーの時間帯)、それと1日の終わりから日の入りに続く時間帯(それに続くブルーアワーへ)。その他でぴったりな時間帯は曇り空の時。空のちょっとしたドラマはいつ見てもいいものです。これらの時間帯では、光が少し柔らかくなり(日中の強すぎる光とは反対に)、すべてに光が注がれます。光の明暗の間に大きなコントラストがある時も同じで、HDRはをれを利用することができるのです。

街の風景

たくさんの人が、ニュージーランド、ノルウェー、アイスランドですばらしい風景をたくさん撮りたい!と思っていながら、たいだいがみなさん市街地のそばにいるのでその写真を撮っています。多くの人が街中へ、または街を行き来し、そこがバラエティに富んだ充実した遊び場であることは分かっています。大きく広がるスカイラインを撮ることもできるし、建造物の細かな部分にフォーカスすることだってできます。街路景観に、通り過ぎる車の光の跡を捕らえるための長い露出も加えることができます。教会や大聖堂に足を運んでみましょう、HDR写真にはぴったりです。あなたの想像力や探究心でチャンスは広がります。もう一度言うと、1日の終わりの時間帯が街中でもベストです。夕暮れ時になるとキラキラと光るシティライトで全体の風景が魔法のような輝きになるのです。もし、川が通っている街にいることがあれば、HDRでスカイラインを撮る絶好のロケーションです。光が水に反射し、とても美しい光景です。渋滞や人の混雑を避けて、日の出の時間帯に街で写真を撮りたいと思うかもしれません。皆、日没を求めてやってきます。早起きして、観光客なしのショットを持ち帰りましょう。たとえ日中の明るい光の中の街中にいても、写真を撮るチャンスはたくさんあります。広いミュージアムや教会の内部はいつでもすばらしい被写体になり外が明るすぎる場合は屋内で建築物の最高傑作をブラケット撮影しに行きましょう。

まぶしい太陽の光の中での人物写真

ライティング設定はいい写真を撮るのに最も大切な要素のうちの一つですが、光が顔に当たり過ぎていると、暗い影、まぶしい光の反射、その他の面白くない特徴もあります。HDRはそのきつすぎる光をなくし、被写体の見栄えをよくし、さらにその風景の中で自然に見せてくれます。人物にHDR効果を適用する場合は汚れていたり不潔に見えてしまいやすいので注意をする必要があり、というのも人物写真でそんな写真を好む人はいないからです!これはLayersがうまく作用しているところです。写真の中の人物に適用させるのではなく、効果は背景に適用させましょう。

弱光と逆光での風景

太陽がカメラに写り込んできた時、HDRなしで前景に何があるかを見るのはとても難しいことです。HDRの技術を使うことで画像の中の鍵となる部分を明るくし、前景にあるものが見えるようにしないと影の中に消えてしまうからです。それを画像を通して光のバランスがうまく保っている間にやらなければいけません。

戻って同じ環境のもとでもう一度同じことができないので、捕らえた写真がバケットの全体を通して(ヒストグラムを確認)光の最大範囲であることを確認しましょう。最初の段階で正しいものを撮っておきましょう!3の代わりに5か7など広いグループの露出を必要とすることがあります。

さらに、この写真のアーチのようにフレームの中で太陽を被写体の後ろに配置することができ、そして入ってくる太陽の光を放散するのに使います。これは写真家自身が太陽が左側の柱の後ろに来るように配置したもので、カメラに太陽のまぶしい光が入らないようになります。

窓から見る室内とUrbex

不動産の写真はその家主か代理店が急いで撮った窓や中のインテリアが暗く陰になって見える写真や、おかしな光が残ってしまっている光が混ざった状態で日中に撮られたものがほとんどです…基本的に魅力がないのです。HDRを使うことで、あたたかくて魅力的で自然に見える写真を残すことができます。Urbexとは、urban exploration の省略で古く放棄された場所の写真のことを言います。HDRにとっては宝庫ともなりうる場所です。普段あまり出くわすことのない場所ですが、もし見つけた場合はとても楽しい撮影が期待できます。お察しの通り、HDRはその風景の細かい部分まで多く引き出すことができ、Urbexの風景はいつもクレイジーで不思議でおもしろい内容がたくさんです。もし近くに見つけることができたら、一緒に行ってくれるパートナーを見つけて、カメラを持って探検してみましょう。ただ、何が起こるかわからないので、注意を忘れず油断することのないようにしましょう。その他にHDRで楽しい被写体はらくがきです。たくさんの街でらくがきアーティストたちがスプレーペイントなどで自分達を表現している特定のエリアがあり、本当に美しい場所になります。路地や誰もいない通りなど積極的に歩き回ってみましょう。たくさんのらくがきと同様に本来のUrbexのようなおもしろい被写体や風景に出会えるはずです。

夜の時間の写真

HDR撮影は光を捕らえることがすべてなので、HDR撮影を夜に行うというのは抵抗があるかもしれませんが、実はいいのです!特にビルや街灯からくる光がたくさんある街中では、正しいHDR夜景撮影はとてもやりがいがあるでしょう。もう一度言うと、すべての露出が長くなる三脚は必須です。三脚を使うことで、画像の中のノイズを減少させるためにISOを最低のレベルに保ってくれるのです。

明暗の差が大きい風景を探してみましょう。太陽の光がない場所と比べると比較的簡単なはずです。風景をダイナミックな幅で捕らえるために多めの露出量を使うようにしましょう。しかし、写真家の中には夜のHDR撮影で長い露出の明るすぎるものを使うのが好きではない者もいます。彼らはしっかり光が行き渡った風景よりも少し神秘的な夜のHDR写真を好むのです。

あなたの創った作品をAurora HDRのFacebookグループで公開することを忘れずに!
あなたの写真に #aurorahdrlessonsとタグ付けしてください。

以下のリンクで 前回のレッスンをチェック:

レッスン 1: HDR フォトグラフィーの基本
レッスン 2: ブラケット写真をマージする
レッスン3: 三脚vs手持ち
レッスン4: HDRのための露出
レッスン5: Aurora HDRのプリセット

Aurora HDRを 14日間無料で使用。

成功

受信箱をご確認ください。
メールでコピーを送信しました。

申し訳ありません

すでに登録されているようです

申し訳ありません

残念です。 先ほどMacphunのメールを購読解除ubscribed したようです。 こちらから再講読してください。

Please wait