HDR チュートリアル - レッスン 2 - ブラケット写真をマージする
7310 Miramar Road, Suite 410 92126 San Diego, CA

レッスン 2 ブラケット写真をマージする

このレッスンでは様々な露出のブラケット写真を正し くマージする方法を学びます。

おかえりなさい

前回のレッスンは、 HDR の説明とブラケット撮影用のカメラについてのアドバイスのみでした。ここからはもっと楽しいこと、ブラケット写真を Aurora HDR Pro にマージして、ベースとなる HDR 写真を作成することについてお話ししましょう。(様々なプリセットの紹介と適用の仕方については今後のレッスンでお話しします。) Aurora HDR Pro のご購入、もしくは無料トライアルのダウンロードがまだの方は、今すぐ手に入れてから次に進みましょう。

Aurora の素晴らしい理由の一つに、このソフトウェアはスタンドアローンパッケージとして使えるということがあります。Photoshop や Lightroom は必要ありません。でもあなたがプラグインとして使いたいというならば、それも可能です。今回はまずスタンドアローンソフトウェアとして Aurora にマージする方法からお見せします。その次に Aurora HDR Pro を他の人気ホストプログラムにプラグインとして使う方法をご紹介します。どちらもとても似ていますし、やり方はもちろんとても簡単です。

Aurora HDR Pro をスタンドアローンソフトウェアとして、ブラケット写真をマージする方法

まずはじめに、Aurora HDR Pro を立ち上げます。すると「画像を取り込む」というウィンドウが真ん中に現れるのでそれをクリックして、HDR にマージしたいファイルを選択します。たとえ取り込む画像が一枚でも、 Aurora HDR Pro で編集することは可能だということは覚えておいてください。多くのフォトグラファーも実際、一つの露出値で撮ったもので同じように Aurora を使っています。Aurora はそれだけパワフルな編集プログラムなのです。HDR という名前が付いているからといって、一つの露出値の画像の加工はできないということではありません。もちろんできます。そして素晴らしい結果が付いてきます。

ファイルを選択すると、プレビューウィンドウにあなたがマージしようとしている写真が現れます。 この時点でアライメント、ゴースト除去、色収差低減を選択して画像に適用することができます。
それぞれの効果を説明します。

  • アライメント は、画像を一枚の HDR にマージする前に位置を調整します。これはカメラを手で持ってブラケット写真を撮影した場合に特に有効です。手で持って撮影すると、それぞれの写真が少しずつずれている可能性が高いのです。
  • ゴースト除去 はブラケット写真に入り込んでいる動きのある物体、例えば風に揺れている木の枝などを識別し、きれいにしてくれます。
  • 色収差低減 は高コントラスト箇所に現れる赤い光や縁を最小限に抑えてくれます。

必要なオプションを選んで「HDR を作成する」をクリックすれば、ソフトウェアがベースの HDR 写真を作成します。Aurora がこのデフォルト設定を行うことで、自然でリアルなスタート地点(下の写真をご覧ください)に立つことができます。ここからは、このリアルな感じを保ってもいいですし、あなたの好みに合わせてスタイルを変えていくこともできます。本当にあなた次第なのです。プリセットの使い方と写真にエフェクトを追加する方法については、後のレッスンでお話しします。

さてここで Aurora の初期画面をじっくり見てみてください。様々なアイコンの位置に慣れておいてください。ツールメニューは右側です。それぞれのツールには名前が付いており、それをクリックするとスライダーが現れます。右下にある青緑色のプリセットボタンも覚えておいてください。プリセットの使い方については後のレッスンで。

前述の通り、Aurora HDR Pro は人気ホストプログラムと一緒にプラグインとして使っても、素晴らしい効果を発揮します。ということで次に、写真をホストブログラムから Aurora HDR Pro へ移動させる方法をご紹介します。ここで今回ご紹介するプログラムは Lightroom、Photoshop、Aperture、Photos の4つです。これらのプログラムから写真を Aurora HDR Pro に移動させる方法はどれも似ています。

4 つの中でも一番人気があるのは Lightroom です。画像管理とパワフルな編集ツールの組み合わせが素晴らしいです。しかしもちろん、どのプログラムを使うのかはあなたの好み次第です。どれもしっかりとしたプログラムですし、Aurora HDR Pro との相性も良いです。とにかくあなたのワークフローと画像管理の好みに合ったものを見つけてください。

Aurora HDR と Lightroom

Adobe Lightroom はとても人気のあるホストブログラムで、ワークフローの整理と管理能力に優れています。数多くのプロフォトグラファーが、イメージライブラリの管理と小さな編集を行うために(芸術的で表現性のある編集は、Aurora HDR Pro で行う人が多い) Lightroom を使っています。

Lightroom には HDR マージ機能が内蔵されています。画像をクリックして選択したら、Photo > Photo Merge > HDR の順にクリックしてください。確かにLightroom に機能はあるのですが、多くのフォトグラファーは HDR の画像編集は Aurora にエキスポートして行います。その方が画像のコントールがしやすいですし、よりクリエイティブな作品を作るためのオプションも増えます。それでも Lightroom でやってみたい、という方のためにはやり方をご紹介します。 ですがここで私たちが皆様に知っていただきたいのは何よりも Aurora HDR の使い方です。ということで Lightroom についてはまた次回にしましょう。 Aurora HDR は、美しい HDR 写真を作成するという考えを追求して開発されています。つまり HDR 作成というプロセスにおいて何よりも優れているのです。ですから Lightroom から写真を抜き出して、Aurora を始めましょう。

プラグインとして Aurora HDR を使って Lightroom にブラケット写真をマージするには、HDR にマージしたい画像をクリックして Lightroom から選択します。Aurora に送る方法はいくつかあります。

ファイル > プリセットでエクスポート > 元の画像を開く

ファイル > プリセットでエクスポート > Lightroom アジャスターと共に .TIFF を使う

File > プラッグインエクストラー > Aurora HDR Pro に移動させる

2 つ目の方法が最も普及していて便利です。Lightroom で小さな変更を行った場合(すべての画像をまっすぐに整えたとか、ホコリの点を除去してすべての画像を同期した等) は特に、2 番目が使いやすいでしょう。その方法を選ぶことで、画像に対して行った変更が確実に Aurora HDR Pro に移動します。移動方法を選んだら、写真が Aurora HDR Pro に移動して、ベースの HDR 写真にマージされ、表示されます。そしたら編集を開始してください。

Aurora HDR と Photoshop

Photoshop は Aurora HDR と方法がよく似ています。まずファイルを開いておきます。そしてフィルターメニューを探して以下を選択します。

フィルター -> Skylum Software -> Aurora HDR Pro

Lightroom と同じように、これで Aurora HDR がプラグインとして立ち上がり、取り込み/HDR マージ画面が開きます。しかしここでは色収差除去オプションしかありません。これはなぜかというと、Photoshop は一般的に一枚の画像に対して作業をするために作られているからです。なので複数の露出のブラケット写真を Photoshop から Aurora HDR Pro にマージすることはできないのです。 この制限を回避するには、Photoshop の内蔵 HDR マージ機能を使って圧縮ファイルを Aurora HDR に取り込むという方法があります。

ファイル -> 自動化 -> HDR Pro にマージする

Aurora HDR と Aperture

Aperture から Aurora HDR で作業するやり方は Lightroom の使った方法とよく似ています。Aurora HDR でマージしたいファイルまで行ったらそれらを選択します。Aurora にエクスポートするためには、フィルムストリップの中の画像を右クリックして以下を選択します。

プラグインを使って編集する -> Aurora HDR Pro

あるいは、以下を選択してメニューから行う別の方法もあります。

Photos -> プラグインを使って編集する -> Aurora HDR Pro

Aurora HDR と Photos for Mac

Mac OS X 10.11 (El Capitan) 、もしくはこれより新しいものをお使いの場合、Aurora HDR を Photos for Mac の拡張機能として使うことができます。正しくインストールして Photos が Aurora を認識できるようにするためには、Aurora HDR をはじめに開きます。これをすることによって Aurora HDR を Photos を拡張機能として登録する効果があるのです。

Aurora を使うためには、 Photos を立ち上げて編集したい画像を開いていきます。右上にある編集ボタンをクリックして、拡張機能のポップアップメニューをクリックします。写真の編集用拡張機能として Aurora HDR を選択します。メニューに Aurora HDR がない場合、「more」を選択してシステム環境設定で Aurora HDR をメニューに追加します。これで Aurora が Photos の拡張機能として設定されます。そしたらこれをクリックすれば、写真が Aurora HDR Pro に移動して HDR にマージできます。Photos から Aurora に移動したら下のような画面が現れます。たった一つの違いは、画面上部に「Photos - Aurora HDR Pro」と出ることだけです。

今後のレッスンでは HDR 編集の上級編を学びます。今はとにかくあなたの心が感じるままにやってみてください。  Aurora HDR Facebook Groupであなたの写真をシェアしてください。

以下のリンクで
前回のレッスンをチェック:

レッスン 1:  HDR フォトグラフィーの基本

ご質問があればお気軽にメールしてください:  [email protected]

Aurora HDRを 14日間無料で使用。

成功

受信箱をご確認ください。
メールでコピーを送信しました。

申し訳ありません

すでに登録されているようです

申し訳ありません

This is sad. Looks like you’ve earlier unsubscribed from Skylum emails. Please resubscribe here.

クリックして起動

ステップ1

Aurora HDR をダウンロード

ステップ2

インストーラーを実行

ステップ3

Aurora HDRーを起動

クリックして起動

ステップ1

Aurora HDR をダウンロード

ステップ2

インストーラーを実行

ステップ3

Aurora HDRーを起動

ステップ1

Aurora HDR をダウンロード

ステップ2

インストーラーを実行

ステップ3

Aurora HDRーを起動

Please wait